9月 権現岳(八ヶ岳)

9月は南八ヶ岳の権現岳に日帰りで登りました。
観音平からのぼり、三ツ頭経由で下山しています。

2~3年前に同じ観音平から編笠山に登っておりましたが、
当時は計画段階で下の子の体力を考慮し、断念しておりました。
ようやく登ることができました。
当日は大変な好天と大雲海の眺望に恵まれ、楽しめました。

小学生は、観音平、編笠山、青年小屋は全く問題なしです。
権現岳は、
ギボシ直下などに鎖場があります。
一年生だとちょっと心配かもしれません。
また日帰り山行とすると、標高差が1300m前後となり、
なれていない子にはきつそうです。

三ツ頭経由の日帰りは下りが長いので、
大人にとっても
サポートタイツ、トレッキングポールがありがたいです。

(青年小屋経由でのピストンルートのほうが、
ある程度時間短縮が可能ですし、負担も少なさそうです。

ただ、この日の三ツ頭周回ルートは
木戸口、小泉登山口へ
雲海の中を尾根を降りていくことになり、
素晴らしい眺望でした。
これも捨てがたいです。)





8月 白山 (石川県)

8月には恐竜博物館とセットで白山へ。

学生時代に友人が単独で登山した話を聞かされて以来、登ってみたかった山でした。

ハクサンコザクラなど、花は終わりかけて、しかも山頂は完全なガス、と残念な面もあったのですが、変化も多く、楽しみの多い山でした。

翌日が悪天候との予報だったため、初日に山頂まで登ってしまい、南竜山荘のキャビンで一泊して下山しました。

子供たちは雨風をついての下山など、楽しみ、満足したようでした。
八月の中旬で雨がちでしたが、小学生でも(装備が十分であれば)問題なく登れます。
(初日の標高差1400mは登りなれている子でないとしんどいかもしれません。)




7月 岩手 早池峰山

7月、まだまだ繁忙期ですが、東北道を走り、花巻から早池峰山のうすゆき山荘へ。
前泊して、念願の早池峰山に登ってきました。

残念ながら、雲海の高度が高めで山頂もギリギリ雲の中に…。

家人は何度も登っており、非常に残念がっておりました。

ハヤチネウスユキソウなど、まさに花の山で、これはこれで私は満足でした。
ぜひ、また登りたいです。

我が家は河原の坊から徒歩で小田越~山頂ピストンのルートでした。
小学生でも問題なく登れますが、
装備はくれぐれも十分に。

うすゆき山荘や河原の坊駐車場まではマイカー規制がありますので、
時間帯に注意が必要です。










6月 長野 御座山

6月は社労士業務の最も忙しい時期、ではあるのですが、待ちに待った登山(夏山)シーズンの幕開けの時期でもあります。

スケジュールの隙間があれば、(試験前の上の子を置いてでも)登りに出かけていました。

上州と信州の境の2000m超えの独立峰、御座山(おぐらさん)へと出かけました。
(9月に野辺山高原側から見て、あまりの迫力に驚きました。なかなかカッコよい山です。)

上信越道と八ヶ岳の八千穂高原が接続しており、所沢から2時間ちょっとで高原についてしまいました。
これでは佐久の立場が…と思いましたが、下道もすっかりすいて、快適になりました。

山頂に出てみますと、上州側は雲海、信州側は真っ青な晴天で、八ヶ岳や南アルプスがよく見えました。

下の子がイワカガミを見つけました。

粟生登山口からピストンで、上りっぱなしでかかとがいたくなりました。
最短ルートですので、負担は少なめかと思われます。
北側からの白岩登山口からの林間ルートもよさそうですので、
次回はそちらを選択予定です。





6月 赤城山(地蔵岳) 小沼 覚満淵

6月は社労士業務的には最々繁忙期となりますが、それでも山へ…。
上の子もスケジュールが合えば一緒に登ります。

前月の5月は新潟の五頭山へ出向き、前泊したのですが、天候が不安定なため回避。

全国的に報道された親子遭難の二人が入山した当日でした。
捜索期間中は気が気でなく、
何とか生還してほしかったのですが、
残念な結果となりました。

山歩き、登山というのはわざわざ遭難する危険のあるところにでかけて、遭難せずに帰ってくるというスポーツですので、仕方のないことではありますが…。
かわいそうな話でした。

6月は赤城山に出かけました。
何年か前、山頂側には登ったことがあるのですが、今回は山頂から大沼をはさんで反対側の地蔵岳へ。
小沼に降りて、稜線を歩き、覚満淵へ歩きました。
とても良い天気でした。



4月 箱根 明神ヶ岳

一時、噴火の危険があったそうですが、すっかりおさまっていました。

明神ヶ岳からは金時山がよく見えましたが、山だけの写真がなかったので大涌谷の写真を…

仕事でヘロヘロの時期だからこそ、よい気分転換になりました。

所沢から箱根、圏央道経由であればかなり近いという印象でした。



1月~3月 日和田山、多峯主山、秩父 四阿屋山…

春先に登った秩父の四阿屋山にて。
福寿草園がありました。

毎年のことですが、社労士業務は2月頃から7月下旬までが最繁忙期となります。
大変でしたが、隙をみて飯能近辺の多峯主山、日和田山なども登っていました。



秩父 四阿屋山の福寿草

日和田山から巾着田を望む