【9月の子連れ山登り】上州武尊山(2,158m) 武尊神社から時計回りに沖武尊~剣ヶ峰

9月は天候に恵まれませんでしたが、町内会や子供の行事の合間を縫って、上州武尊山への登ってきました。

たまたま天候が良く、稜線に出た後は素晴らしい紅葉(の走り)が見られ、別世界でした。

武尊山山頂 肉眼では写真よりはるかに綺麗でした。
前武尊方面 武尊山は2000m前後の山頂がいくつも連なる独立峰です。
剣ヶ峰方面 山頂からの風景も素晴らしいです。

ですがこの山、小学生以下の子連れにとってはなかなかキツイ山でした。

出発前はいろいろな方の登山記録を参考にしたのですが、ウェブ上の記録はトレイルランナーや単独山行者など、かなりの強者といえる方々のものが多かったように感じます。

普段の山でしたら「ウェブ上の記録」≒「山中、下山後の実感」なのですが、今回はかなり「ウェブ」>「実感」でした。
結果的にコースタイムとほぼ同タイムで帰ってきたのですが、実際には数字に表れない様々な敵があった、といいますか・・・。そこが面白いところではありますが。

以下、子連れの場合の注意事項を。
順不同です。ご参考になれば幸いです。

(写真は恐縮ですが後回しです。)

・水場がない。子供分もそれなりの量を担いでいく必要があります。
・登山口駐車場から山道まで小一時間林道を歩く。
・時計回りルートだとそれなりの岩場を登る(小学校低学年でもおおむね問題なし)。逆時計回りだとその岩場を下ることになる。
・トレランの開催後だったからか、剣ヶ峰から林道までは田んぼ状態で、さらに800メートル?を一気に下るためスムーズに降りられない(時計回りルート)。
 逆時計回りの場合、相当体力を消耗する見込み。
・泥濘の連続の上に何度も渡渉点があり、子供の登山靴は(背が低いので)浸水する。
・変化に富んでいる=歩きにくいので、時間がかかる。

こんな感じです。
逆にいいところは以下のとおり。

・登山口駐車場の奥の駐車場(10台くらい)に止められると往復1時間は短縮できる。
・渡渉、鎖場、長い稜線歩きなど変化に富んでいる。剣ヶ峰登頂も楽しい。
・ルートが多い。稜線歩きをあきらめてピストンしてしまえば短縮も可能。(もったいないのでお勧めしません)
・百名山なのに人が少ない。
・しんどいぶん達成感がある。


以上です。まとまりなくて恐縮ですが、大変素晴らしい山であることは間違いありませんので、重ねて申し添えておきます。
子連れでも登れます。頑張って登ってください。

ヤマケイオンラインのコース紹介等のページです。ご参考まで。
https://www.yamakei-online.com/yamanavi/yama.php?yama_id=296


事務所ニュース「人事労務トピックス2017年10月号」を配信しました。

このたび、当事務所の事務所ニュース「人事労務トピックス2017年10月号」を配信しましたのでお知らせします。

当ブログ 右上のリンクから、事務所ウェブサイトのPDFファイル掲載ページをご覧いただけます。

内容は次のとおりです。
お役に立つことがあれば何よりです。

・平成29年度の最低賃金、地域をまたぐときの最低賃金 など

・9月に発覚した年金支給漏れ事案 
 振替加算の制度と今後の対応

・衆院解散で先送りとなつた「働き方改革」
 罰則付きの残業上限規制、中小企業の月60時間超残業への法定割増率引き上げ案等

・しおざわ事務所からのお知らせ(先月号と同じ内容です。)
 年金事務所の社会保険に関する調査対応
 遅延した労働保険年度更新手続き、社会保険算定基礎届について