平成29年の社会保険 算定基礎届(定時決定)の手続き

 社会保険(健康保険・厚生年金保険)に加入している会社には、毎年6月に「算定基礎届」などの用紙一式が郵送されます。
 「算定基礎届」は、被保険者の毎年4月から6月の報酬額を届け出る手続きで、この手続きにより、毎年9月以降の社会保険料が見直されます。これを「定時決定」といいます。
 以下、主な情報をまとめました。
 ご不明な点はご遠慮なくお問い合わせください。

(1)定時決定の対象となる人は?

 7月1日時点の全被保険者が対象です。ただし次の被保険者は対象外です。
・7月から9月に「随時改定」「産前産後休業終了時改定」「育児休業等終了時決定」により標準報酬月額が変更される予定の被保険者
・6月1日以降に被保険者となった人
・6月30日以前に退職した被保険者

(2)年間平均で算定できるケースも

 4月から6月の報酬がほかの月と比べて激しく増減するケースでは、「事業主の申し立て」があり、「被
保険者本人の同意」があるときは、前年7月からの年間報酬の平均額で算定基礎届を提出できます。
次の条件をどちらも満たす被保険者が対象です。
・「通常の方法で届け出るときの標準報酬月額」と「年間平均の標準報酬月額」の間に2等級以上の差
があること
・その年の3月までに資格取得していること
 手続きの際には、「給与の増減が業務の性質上、例年発生すること」を具体的に申し立てる必要があります。詳細はご相談ください。

(3)必要な情報は?

ア.申告書用紙の印字情報
 事業所整理記号等の事業所情報や5月中旬頃までに加入した被保険者の情報が記入されています。
イ.賃金情報など
 3月支払い分から6月支払い分までの各月、各被保険者別の給与内訳情報があれば、基本的な届出内容を作成することができます。
 過去1年間に給与の固定支給部分の変更があった場合や、年間平均の算定を申し立てる場合、病気休職や産休、育休のある場合等は、前後の給与情報を確認する必要があるでしょう。
このほか、加入していない従業員等がいる場合はその人数や勤務条件を届け出る必要があります。

平成29年の労働保険年度更新

 労災保険・雇用保険に加入している会社には、毎年5月末から6月初めにかけて、「労働保険年度更新申告書」一式が送付されます。
 労働保険の年度更新は、労働保険料を申告・納付する手続きで、申告・納期限は例年6月1日から7月10日までの間とされています。
 以下、主な情報をまとめました。
 ご不明な点はご遠慮なくお問い合わせください。

(1)労働保険の年度更新とは?

 「労災保険・雇用保険」の当年度分の保険料を概算して申告・納付し、同時に前年度分の概算額と実績額の差額を精算する手続きです。
 前年度分の概算額が多すぎた場合、当年度分の概算額と相殺するか、還付を受けることができます。不足があるときは、概算額に合算して納付します。


(2)手続きを怠ったときのペナルティは?

 年度更新の手続きを怠り、政府が保険料等を決定した場合は追徴金が、保険料を滞納した場合には延滞金が課せられることがあります。ご注意ください。


(3)手続きの窓口は?

 労働保険料の申告・納付先は、申告書が黒色と赤色で印刷してあるときは「所轄の労働基準監督署または労働局、年金事務所(社会保険・労働保険徴収事務センター/以上3窓口は郵送も可です)、日本銀行の本店、支店、
代理店、歳入代理店(全国の銀行・信金の本店または支店、郵便局)」のいずれかです。
申告書が藤色と赤色で印刷してある申告書のときは労働基準監督署以外の上記提出先となりますので、ご注意ください。
インターネットによる電子申請も利用できます(申告用紙に記載されたアクセスコードが必要です)。
※ 労働保険事務組合に委託する場合は事務組合が窓口です。
※ 労働保険事務組合は、事業主の委託を受けて労働保険の事務を行うことについて厚生労働大臣の認可を受けた中小企業事業主等の団体です。中小企業の事業主等の労災特別加入の他、運輸業・建設業一人親方の労災特別加入などに対応します。詳細はご相談ください。


(4)必要な情報は?

ア.申告書用紙の印字情報
 労働保険番号、労働保険料率、前年度の概算保険料額、電子申請のアクセスコードといった情報は、送付される申告様式に印字されています。
イ.賃金情報、納付回数など
 一般の業種では、労災保険料の申告のため、前年度の全従業員の前年度分の給与情報が必要です。各月別・各人別の給与内訳があれば、労働保険料の算定の基礎となる賃金を確認できます。
従業員にはアルバイト等、労働者全員が含まれます。
雇用保険に加入している兼務役員等は賃金部分を申告に含めます。
雇用保険料の申告には雇用保険被保険者の給与情報が必要です。
(建設業等で労災保険料を請負額から算出する場合は、工事別の請負額等の情報が必要です。)


(5)保険料の分割納付は?

 当年度の保険料の概算額(概算労働保険料)の額が40万円(労災保険か雇用保険のどちらか一方のみのときは20万円)以上の場合か、労働保険事務組合に労働保険事務を委託している場合、概算保険料を3期に分割して納付することができます。

【事務所ニュース】2017年6月号を公開しました。

 今般、事務所ニュース「人事労務トピックス」2017年6月号を公開しましたのでご案内します。

 本ブログ右上のリンク先で、PDF形式でご覧いただけます。
 内容は次のとおりです。

・平成29年の労働保険年度更新手続きのご案内

・平成29年の社会保険算定基礎届(定時決定)のご案内

【春の山歩き】角田山、鐘撞堂山、生藤山・・・

今年1月から春にかけての山歩きは、新潟の角田山(灯台コース往復)、寄居の鐘撞堂山(+川の博物館で岩石標本づくり)、和田峠からの生藤山往復、といった低山を周りました。

相変わらず家族四人で登っています。

※このほかにもいくつか出向いたのですが、とりあえずメモとして投稿しておきます。写真は整理できましたらまとめて載せることにします。

※写真を追加しました。
角田浜から灯台経由で登りました。
【角田山】日本海を背に尾根歩き