事務所ニュース 来年2018年1月号をアップしました。

今般、事務所ニュース「人事労務トピックス2018年1月号」をアップしましたのでお知らせします。

事務所ウェブサイトでPDF版を配布しています。
当ブログ右上のリンクからご覧いただけます。

内容は次のとおりです。


・30年4月から無期転換ルール除外を適用するには1月中に届け出を

無期転換ルールの除外認定申請について、厚労省から、来年4月までの認定を希望する場合、1月中の届出をとの要請がありました。


・60歳、65歳、70歳…高齢人材の雇用ルール整備はお済みですか?

高齢人材の雇用契約の区分について、整理のついていない事業場も多いように感じています。
考えられるパターンを列挙し、現実的な対応を検討しました。



【11月の子連れ山登り】奥秩父・笠取山(1,953m) 一之瀬高原 作場平からピストン

11月は、奥秩父の笠取山に作場平から登ってきました(ここ数年、毎年登っています)。

初夏には苔むした渓流沿いの森歩き、秋には紅葉のきれいな山です。
最後に釣鐘状(尾根の端っこなのですが、盛り上がった山頂に見えます)の急登があるだけで、大変な個所はありません。
最後の急登 山頂は2つあります。


多摩川、荒川、笛吹川の分水嶺となる見晴らしの良い尾根をのんびりと登っていきます。

山頂からは富士がよく見えます。
多摩川のスタート地点、「水干」も一見の価値ありです。

この日の富士山はこんな感じでした。少し遅かったか。


渓流沿いを登って峠に出て、しばらく尾根を歩くと東京都水道局の清潔なバイオトイレがあり、そばに営業小屋の「笠取小屋」があります。

小屋を下ったところには湧水を汲める場所もあります。

小屋のスタッフの方はたまに入れ替わっていますが、「湧水で淹れたバニラフレーバーのコーヒー」があり、大変美味です。

ちびっこも登れる楽しい山です。お勧めします。

コースタイムは休憩1時間を見込んでも5時間前後でしょうか?

作場平には駐車場があり、マイカーでも登れます。

ヤマケイオンラインのコース紹介はこちらです。
https://www.yamakei-online.com/yamanavi/yama.php?yama_id=19207

※写真はのちほど


【事務所ニュース】2017年12月号を公開しました。

このたび、当事務所の事務所ニュース「人事労務トピックス」2017年12月号を事務所ウェブサイトにて公開しましたのでお知らせします。

PDFファイルを本ブログ右上のリンク先でご覧いただけます。

記事内容は以下のとおりです。

「今年から来年(H29~30年)の法制度改正関連のまとめ」

労働時間の適正把握のためのガイドライン(29.1.20)、育児介護休業法の改正(29.1.1、10.1)、今年度中の無期転換ルールの適用除外認定申請等についてまとめました。

【10月の子連れ山登り】奥秩父 金峰山(2,599m) 廻目平からピストン

長子が大きくなり、学校の予定もいろいろと入ってくるようになりますと、月2回の山行はなかなか難しくなります。

今年の10月は週末は雨天ばかりで、どっちにしてもあまり出かけられませんでしたが。

月イチの山行は、奥秩父の金峰山(2599m)に長野県の廻目平から登ってきました。

山梨から登ると「きんぷさん」ですが、長野側の読み方は「きんぽうさん」である模様です。

実は下の子が2歳のころ、山梨の峠から登ったことがあり、2度目となります。
当時は下から登ってくる方々をみて大変だと思っていましたが、実際に登ってみますと小学校低学年も無理なく登れるコースでした。

途中に山小屋のトイレもあります。
金峰山小屋そばから瑞垣山(小川山か?) 子供好きなワンコがいます。


山頂は好天だった前回と異なり、ガスに覆われ、富士山も八ヶ岳も見えず、残念でした。
また次回に。

五丈岩にも数年ぶりに挑戦しました。
子供たちもてっぺんの大きい岩の下のところまでは登ることができ、大満足でした。
(私も当然そこまでです。高所恐怖症は随分改善されました。)

霧に包まれる五丈岩 皆さんいい顔をしています。


(本当は甲武信ヶ岳に毛木平から登るというプランもあったのですが、後泊のため時間がなく、断念しました。こちらも軽いコースを組むことができそうです。)

小学生も問題なく登れます。どうぞ頑張ってください。

ヤマケイオンラインのコース紹介等のページです。ご参考まで。
https://www.yamakei-online.com/yamanavi/yama.php?yama_id=351



事務所ニュース 「人事労務トピックス2017年11月号」を配信しました。

このたび、当事務所 事務所ニュース「人事労務トピックス2017年11月号」を配信しましたのでお知らせします。

PDFファイルと記事は右上のリンク先の当事務所公式サイトでご覧いただけます。


記事は以下のとおりです。

・「やさしい日本語」の就業規則
 雇用形態の多様化、多国籍化を念頭に、就業規則の見直しに「やさしい(易しい)日本語」「わかり易い英語」の考え方をとりいれてみては、というご提案です。

 社労士業務の現場で、日々、労働人口の減少を実感しております。
 「当面は変わらないのだろうけど、5年、10年経って気が付くとエライことになっているのでは」と考えていたのですが、どうやらそんな悠長な話ではなく、これから数年の間に職場はこれまでにない人手不足に直面することになりそうです。
(「縮小ニッポンの衝撃」「未来の年表」「老いる家 崩れる街」「超少子化」等、お勧めです。) 

・育児休業は最長2歳まで延長可能に

・ハローワークでの求人申し込み等の変更 
 来年平成30年1月から、固定残業代の詳細を明示する等の変更が予定されています。

【9月の子連れ山登り】上州武尊山(2,158m) 武尊神社から時計回りに沖武尊~剣ヶ峰

9月は天候に恵まれませんでしたが、町内会や子供の行事の合間を縫って、上州武尊山への登ってきました。

たまたま天候が良く、稜線に出た後は素晴らしい紅葉(の走り)が見られ、別世界でした。

武尊山山頂 肉眼では写真よりはるかに綺麗でした。
前武尊方面 武尊山は2000m前後の山頂がいくつも連なる独立峰です。
剣ヶ峰方面 山頂からの風景も素晴らしいです。

ですがこの山、小学生以下の子連れにとってはなかなかキツイ山でした。

出発前はいろいろな方の登山記録を参考にしたのですが、ウェブ上の記録はトレイルランナーや単独山行者など、かなりの強者といえる方々のものが多かったように感じます。

普段の山でしたら「ウェブ上の記録」≒「山中、下山後の実感」なのですが、今回はかなり「ウェブ」>「実感」でした。
結果的にコースタイムとほぼ同タイムで帰ってきたのですが、実際には数字に表れない様々な敵があった、といいますか・・・。そこが面白いところではありますが。

以下、子連れの場合の注意事項を。
順不同です。ご参考になれば幸いです。

(写真は恐縮ですが後回しです。)

・水場がない。子供分もそれなりの量を担いでいく必要があります。
・登山口駐車場から山道まで小一時間林道を歩く。
・時計回りルートだとそれなりの岩場を登る(小学校低学年でもおおむね問題なし)。逆時計回りだとその岩場を下ることになる。
・トレランの開催後だったからか、剣ヶ峰から林道までは田んぼ状態で、さらに800メートル?を一気に下るためスムーズに降りられない(時計回りルート)。
 逆時計回りの場合、相当体力を消耗する見込み。
・泥濘の連続の上に何度も渡渉点があり、子供の登山靴は(背が低いので)浸水する。
・変化に富んでいる=歩きにくいので、時間がかかる。

こんな感じです。
逆にいいところは以下のとおり。

・登山口駐車場の奥の駐車場(10台くらい)に止められると往復1時間は短縮できる。
・渡渉、鎖場、長い稜線歩きなど変化に富んでいる。剣ヶ峰登頂も楽しい。
・ルートが多い。稜線歩きをあきらめてピストンしてしまえば短縮も可能。(もったいないのでお勧めしません)
・百名山なのに人が少ない。
・しんどいぶん達成感がある。


以上です。まとまりなくて恐縮ですが、大変素晴らしい山であることは間違いありませんので、重ねて申し添えておきます。
子連れでも登れます。頑張って登ってください。

ヤマケイオンラインのコース紹介等のページです。ご参考まで。
https://www.yamakei-online.com/yamanavi/yama.php?yama_id=296


事務所ニュース「人事労務トピックス2017年10月号」を配信しました。

このたび、当事務所の事務所ニュース「人事労務トピックス2017年10月号」を配信しましたのでお知らせします。

当ブログ 右上のリンクから、事務所ウェブサイトのPDFファイル掲載ページをご覧いただけます。

内容は次のとおりです。
お役に立つことがあれば何よりです。

・平成29年度の最低賃金、地域をまたぐときの最低賃金 など

・9月に発覚した年金支給漏れ事案 
 振替加算の制度と今後の対応

・衆院解散で先送りとなつた「働き方改革」
 罰則付きの残業上限規制、中小企業の月60時間超残業への法定割増率引き上げ案等

・しおざわ事務所からのお知らせ(先月号と同じ内容です。)
 年金事務所の社会保険に関する調査対応
 遅延した労働保険年度更新手続き、社会保険算定基礎届について


【7月~8月の山登り】金時山、会津駒ケ岳、一切経山・吾妻小富士

写真画像の追加がすっかり遅れていますが、テキストデータだけでも更新を。
→写真を載せました。

【7月】

金時山に出かけました。
雨天のため、展望はゼロ。
最近、子らが山バッヂにこだわるようになったので、各1個を購入。
斧を担いで写真を撮りました。


【8月】

初の会津地方、日本百名山の会津駒ケ岳へ。
とにかく山深い。
檜枝岐では、谷間の花火大会を鑑賞できました。
朝の6時半から登り始め、途中、雲が出たのですが、山頂の湿地歩きのころには少しずつ雲が晴れ、快晴に。
すばらしい眺望で、子らも喜んでおりました。
会津駒ケ岳 山頂へ

会津駒ケ岳~中門岳 稜線上の池塘
中門岳 山頂手前の中門池


燧ヶ岳など尾瀬周辺ももちろんですが、田代山等も興味深いです。

もう一つ、吾妻連峰の一切経山~鎌沼~東吾妻山はパスして~吾妻小富士へ。
こちらも到着までは真っ白な雲の中で、眺望は断念していましたが、一切経山山頂で待つこと30分弱、快晴とまではいきませんが雲がはれ、五色沼を見ることができました。

吾妻連峰 一切経山 五色沼
吾妻小富士 軽装で登れます。

五色沼の方から登るルートも興味深いです。

事務所ニュース 2017年9月号を配信しました。

このたび、当事務所 事務所ニュース 人事労務トピックス2017年8月号 を排しましたのでお知らせします。

本ブログ右上のリンク先で、PDF形式でファイルをご覧いただけます。

内容は次のとおりです。

・平成29年度 最低賃金の改定額(全国)


・来年平成30年4月からの「無期転換ルール」本格運用開始に向けて
  ~ 定年後再雇用等の特例申請、就業規則の見直し等の準備を ~


・平成29年9月分社会保険料の改定について

・老齢年金受給に必要な資格期間が25年から10年に短縮

・事務所からのお知らせ
  ~ 年金事務所の調査対応、算定・年度更新の手続き漏れについて~

事務所ニュース 2017年8月号を配信しました。

このたび、当事務所 事務所ニュース 人事労務トピックス2017年8月号 を排しましたのでお知らせします。

本ブログ右上のリンク先で、PDF形式でファイルをご覧いただけます。

内容は次のとおりです。

・平成29年度 最低賃金の目安
・平成28年度 長時間労働が疑われる事業場に対する監督指導結果
・兼業など複数就労を認めるときの留意点

【5月から6月の山登り】杓子山、愛鷹山塊(熊)、両神山(バッジ)、平標山(花)

5月から6月の間にも、仕事、町内会、子供の行事の隙をみて山登りに出かけました。
相変わらず、家族4人で登っています。

まずは富士山 山中湖畔の「杓子山」、絶景でした。

杓子山 砂地の急坂が続きます。


つぎに富士山の南方、愛鷹山塊の「黒岳~越前岳~呼子岳周回」、呼子岳から火口跡を下る際、熊との接近遭遇がありました。

黒岳から静岡側の富士山 宝永火口

越前岳~呼子岳の稜線にて


その後、秩父の日本100名山「両神山」、地主さんの整備したコースを登ってきました。

直近では谷川連峰の西端、3度目の平標山で、梅雨の晴れ間でしたが、頂上はガスでした・・・。
平標山 山頂前の稜線上の群落

ハクサンイチゲ、ハクサンコザクラなど、髙山の花がきれいでした。
今回は仙ノ倉山も平標山の家もパスで、松手山ルートをピストンしました。
(かなり楽でした。)

平標山 松手山コース 稜線歩きが心地よいです。


写真は後日アップします。→しました。

【事務所ニュース】2017年7月号を配信しました。

このたび、事務所ニュース「人事労務トピックス7月号」を配信しましたのでお知らせします。

このブログの右上のリンク先で、PDF形式でご入手いただけます。

内容は次のとおりです。


・年度更新と算定基礎届

・退職勧奨をおこなうの際の留意事項

・残業規制に関する政府の動向と36協定など現行規制について

平成29年の社会保険 算定基礎届(定時決定)の手続き

 社会保険(健康保険・厚生年金保険)に加入している会社には、毎年6月に「算定基礎届」などの用紙一式が郵送されます。
 「算定基礎届」は、被保険者の毎年4月から6月の報酬額を届け出る手続きで、この手続きにより、毎年9月以降の社会保険料が見直されます。これを「定時決定」といいます。
 以下、主な情報をまとめました。
 ご不明な点はご遠慮なくお問い合わせください。

(1)定時決定の対象となる人は?

 7月1日時点の全被保険者が対象です。ただし次の被保険者は対象外です。
・7月から9月に「随時改定」「産前産後休業終了時改定」「育児休業等終了時決定」により標準報酬月額が変更される予定の被保険者
・6月1日以降に被保険者となった人
・6月30日以前に退職した被保険者

(2)年間平均で算定できるケースも

 4月から6月の報酬がほかの月と比べて激しく増減するケースでは、「事業主の申し立て」があり、「被
保険者本人の同意」があるときは、前年7月からの年間報酬の平均額で算定基礎届を提出できます。
次の条件をどちらも満たす被保険者が対象です。
・「通常の方法で届け出るときの標準報酬月額」と「年間平均の標準報酬月額」の間に2等級以上の差
があること
・その年の3月までに資格取得していること
 手続きの際には、「給与の増減が業務の性質上、例年発生すること」を具体的に申し立てる必要があります。詳細はご相談ください。

(3)必要な情報は?

ア.申告書用紙の印字情報
 事業所整理記号等の事業所情報や5月中旬頃までに加入した被保険者の情報が記入されています。
イ.賃金情報など
 3月支払い分から6月支払い分までの各月、各被保険者別の給与内訳情報があれば、基本的な届出内容を作成することができます。
 過去1年間に給与の固定支給部分の変更があった場合や、年間平均の算定を申し立てる場合、病気休職や産休、育休のある場合等は、前後の給与情報を確認する必要があるでしょう。
このほか、加入していない従業員等がいる場合はその人数や勤務条件を届け出る必要があります。

平成29年の労働保険年度更新

 労災保険・雇用保険に加入している会社には、毎年5月末から6月初めにかけて、「労働保険年度更新申告書」一式が送付されます。
 労働保険の年度更新は、労働保険料を申告・納付する手続きで、申告・納期限は例年6月1日から7月10日までの間とされています。
 以下、主な情報をまとめました。
 ご不明な点はご遠慮なくお問い合わせください。

(1)労働保険の年度更新とは?

 「労災保険・雇用保険」の当年度分の保険料を概算して申告・納付し、同時に前年度分の概算額と実績額の差額を精算する手続きです。
 前年度分の概算額が多すぎた場合、当年度分の概算額と相殺するか、還付を受けることができます。不足があるときは、概算額に合算して納付します。


(2)手続きを怠ったときのペナルティは?

 年度更新の手続きを怠り、政府が保険料等を決定した場合は追徴金が、保険料を滞納した場合には延滞金が課せられることがあります。ご注意ください。


(3)手続きの窓口は?

 労働保険料の申告・納付先は、申告書が黒色と赤色で印刷してあるときは「所轄の労働基準監督署または労働局、年金事務所(社会保険・労働保険徴収事務センター/以上3窓口は郵送も可です)、日本銀行の本店、支店、
代理店、歳入代理店(全国の銀行・信金の本店または支店、郵便局)」のいずれかです。
申告書が藤色と赤色で印刷してある申告書のときは労働基準監督署以外の上記提出先となりますので、ご注意ください。
インターネットによる電子申請も利用できます(申告用紙に記載されたアクセスコードが必要です)。
※ 労働保険事務組合に委託する場合は事務組合が窓口です。
※ 労働保険事務組合は、事業主の委託を受けて労働保険の事務を行うことについて厚生労働大臣の認可を受けた中小企業事業主等の団体です。中小企業の事業主等の労災特別加入の他、運輸業・建設業一人親方の労災特別加入などに対応します。詳細はご相談ください。


(4)必要な情報は?

ア.申告書用紙の印字情報
 労働保険番号、労働保険料率、前年度の概算保険料額、電子申請のアクセスコードといった情報は、送付される申告様式に印字されています。
イ.賃金情報、納付回数など
 一般の業種では、労災保険料の申告のため、前年度の全従業員の前年度分の給与情報が必要です。各月別・各人別の給与内訳があれば、労働保険料の算定の基礎となる賃金を確認できます。
従業員にはアルバイト等、労働者全員が含まれます。
雇用保険に加入している兼務役員等は賃金部分を申告に含めます。
雇用保険料の申告には雇用保険被保険者の給与情報が必要です。
(建設業等で労災保険料を請負額から算出する場合は、工事別の請負額等の情報が必要です。)


(5)保険料の分割納付は?

 当年度の保険料の概算額(概算労働保険料)の額が40万円(労災保険か雇用保険のどちらか一方のみのときは20万円)以上の場合か、労働保険事務組合に労働保険事務を委託している場合、概算保険料を3期に分割して納付することができます。

【事務所ニュース】2017年6月号を公開しました。

 今般、事務所ニュース「人事労務トピックス」2017年6月号を公開しましたのでご案内します。

 本ブログ右上のリンク先で、PDF形式でご覧いただけます。
 内容は次のとおりです。

・平成29年の労働保険年度更新手続きのご案内

・平成29年の社会保険算定基礎届(定時決定)のご案内

【春の山歩き】角田山、鐘撞堂山、生藤山・・・

今年1月から春にかけての山歩きは、新潟の角田山(灯台コース往復)、寄居の鐘撞堂山(+川の博物館で岩石標本づくり)、和田峠からの生藤山往復、といった低山を周りました。

相変わらず家族四人で登っています。

※このほかにもいくつか出向いたのですが、とりあえずメモとして投稿しておきます。写真は整理できましたらまとめて載せることにします。

※写真を追加しました。
角田浜から灯台経由で登りました。
【角田山】日本海を背に尾根歩き


 


【事務所ニュース】2017年5月号を公開しました。

今般、事務所ニュース「人事労務トピックス 2017年5月号」を公開しましたのでお知らせします。

当ブログ右上のリンク先から、PDF版をご覧いただけます。

内容は次のとおりです。

・試用期間と本採用拒否 ~実務対応上の留意事項~
・会社等、雇用主の行う健康診断のまとめ

お役に立つことがあれば何よりです。

【事務所ニュース】2017年4月号を公開しました。

このたび、当事務所 事務所ニュース「人事労務トピックス 2017年4月号」を公開しましたのでお知らせします。

PDF版を当ブログ右上のリンク先で配信しています。

内容は次のとおりです。


・雇用保険料率は引き下げ改定へ  ~平成29年4月分から~
・すべての企業に個人情報保護法が適用されます ~平成29年5月30日から~
その他、公的助成金の申請サポート業務、給与計算のサポート業務等について、ご案内しています。

【事務所ニュース】2017年3月号を公開しました。

今般、事務所ニュース2017年3月号を公開しましたのでお知らせします。

このブログ右上の「PDF配信ページ」へのリンクからご覧いただけます。

内容は次のとおりです。

・協会けんぽ保険料率の改定のお知らせ ~平成29年3月分(4月納付分)から~

・政府の長時間労働抑制策の動向 ~残業時間の規制、勤務間インターバル等~
 政府の「働き方改革実現会議」では現在、長時間労働の抑制に向け、「残業の1年間の上限720時間(月平均60時間」)、繁忙期の残業時間の上限設定(80~100時間等調整中)」などを協議しています。

その他、公的助成金の申請サポート業務給与計算のサポート業務等について、ご案内しています。

無期転換を見据えた職場ルールの再確認を

 労働契約法に定められた有期雇用の「無期転換ルール」は、来年、平成30年4月に実施から5年を経過します。
 このため、来年4月には多くの有期雇用の従業員に「無期雇用への転換を申し込む権利」が生じる見込です。
 事業場側としては、就業規則や雇用契約書の整備など、雇用ルールの再確認や見直しが求められます。
 今回は、この制度の内容の再確認と、事業場としての対応や公的な助成金の活用について検討しました。

(1)無期転換ルールとは

「無期転換ルール」とは、平成25年4月以降、期間の定めのある(有期)雇用契約が5年を超えて反復継続された場合は、本人の申し込みにより、期間の定めのない(無期)雇用契約に転換するという制度です。労働契約法に規定されています。
ア.無期転換のプロセス
 無期転換は本人の申し込みにより、事業場側が承諾したものとみなされ、拒否等の余地がありません。また、あらかじめ従業員側にこの申し込みの権利を放棄させることはできません。
イ.通算対象となる期間
 5年超という期間は、平成25年4月以降に開始する期間を通算することとされ、同年3月末以前の期間は除外されます。また有期雇用の間に6ヶ月以上の空白がある場合、前後の期間は通算されません。通算対象の有期雇用の期間が1年未満のときは、その2分の1以上の空白期間があれば、通算対象から除かれます。
ウ.無期転換の申込の権利の発生時期と転換時期
 契約期間中に通算期間が5年超となる場合、その契約期間中、申込権が発生します。期間中、申込がなされなかったときは、更新後の期間も申込権が発生します。
たとえば今年4月の時点で通算期間が4年で、3年の有期雇用契約を結ぶ場合には、更新後の期間中に通算5年を超えることとなるため、3年契約の開始日から申込権が発生します。
無期雇用契約に転換する時期は、申し込んだときの雇用契約の期間が満了した翌日です。
エ.無期転換の効果
 無期転換後の労働条件は、別段の定めのない限り、直前の有期雇用契約と同じとされます。「別段の定め」とは、就業規則や個別の雇用契約等が想定されています。
オ.無期転換の例外と認定申請
 有期雇用の「高度専門職」「定年後の継続雇用の高齢者」について、その特性に応じた雇用管理の特別措置が実施される場合、無期転換申込権が発生しない場合があります。
この制度が適用されるためには、管轄都道府県労働局に特別措置に関する計画書を提出し、労働局から認定を受ける必要があります。


(2)職場ルールの見直し

 有期雇用契約の従業員が多数いる場合や、基幹的な役割を担っている場合は、「無期転換申込権」が生じることを見越して、職場のルールを整備されることをお勧めします。

ア.契約区分の明確化
 厚労省のパンフレット等では、無期雇用の契約区分を、「無期雇用で定年あり」「職務、勤務時間、勤務地等の限定のある正社員」「正社員」の3つに分け、それぞれ就業規則を定め、転換や登用の制度を整備する方法を提案しています。有期雇用の従業員を正社員等に転換する制度を用意し、実際に転換した場合の公的助成金も用意されています。
イ.有期雇用契約の期間の管理
 有期雇用契約の更新や雇止めの見通しが立ちやすいよう、個別の契約期間や更新の有無について明確化する他、一定の期間契約の雇止めは事前通知する等、対応する必要があります。

①有期雇用契約の期間の規制
 有期雇用契約の期間は、原則として最長3年間とされています。例外として高度の専門的知識等を有する者がその業務に就くときと従業員が満60歳以上のときは最長5年、
一定の事業の完了に必要な期間を定めるときはその期間とされます。

②更新回数や通算年数の限度
 更新回数の限度や通算年数には法的な規制はありません。あらかじめ更新回数の上限や、契約期間の通算年数の上限を定めておき、上限への到達により契約を終了とすることも可能です。

③雇い止めの事前通知
 次の場合の雇い止めには、あらかじめ更新のないことが明示されている場合をのぞき、期間満了30日前までの予告が必要です。また無期転換ルールの適用を阻止するため、特別な理由なく雇止めをすることは認められない場合があります。
イ.3回以上更新しているとき
ロ.更新や反復更新により継続する契約期間が通算1年を超えるとき
ハ.1年を超える契約期間のとき
※①~③は当ニュース2016年4月号記事の一部を抜粋しました。


(3)正社員化等への助成金の活用

 厚生労働省の「キャリアアップ助成金正社員化コース」は、「有期雇用の従業員等の正社員等への転換」に、助成金が支給される制度です。
 例えば、「有期雇用から正社員への転換」には、一人当たり60万円(中小企業以外は45万円)が支給されます。
 受給するためには、事前にキャリアアップ計画書を事業所を管轄する労働局に提出し、認定を受けておく必要があります(計画書の提出前からある制度でも、転換時期が計画期間内であれば支給対象です)。
 詳細はご相談ください。

事務所ニュース2017年2月号を公開しました。

本日、事務所ニュース「人事労務トピックス 2017年2月号」を公開しましたのでご報告します。

今回は助成金2制度と、「無期転換ルール」への対応についてまとめました。

本ブログ右上のリンク先「PDFニュース配信ページ」でご覧いただけます。

【寄稿】生産性を高める「変形労働時間制」入門 企業実務2017年2月号 別冊付録

このたび、当事務所 塩澤が執筆した「企業実務 2017年2月号」別冊付録「生産性を高める『変形労働時間制』入門」が刊行されましたのでお知らせします。

業務のご参考になれば幸いです。

最新号の目次はこちら
→ http://www.njh.co.jp/accountant/magazine/

定期購読等のお申込みはこちらです。
→ http://www.njh.co.jp/magazine/0201/