法改正や手続きなどのお知らせ 2015年6月

(1)労働保険の「年度更新」

5月下旬から6月初めにかけて、事業所情報などが印字された申告用紙が適用事業所に郵送されます。
労働保険の年度更新は、昨年度の賃金額を申告して確定労働保険料を支払い(精算し)、同時に今年度分の概算保険料を申告して納付する手続きです。
今年の申告、納付期間は6/1から7/10までとなっています。顧客様には労働保険料の概算額などご連絡させていただきます。また、申告用紙のあて先労働局が記載された右横に8桁の英数字の「アクセスコード」が印字されており、このコードにより電子申請により申告することができます。追って確認させていただきます。


(2)社会保険の「定時決定(算定基礎届)」

社会保険では、被保険者の実際の給与額と、社会保険料の基礎となる標準報酬月額が大きくかけ離れることのないよう、毎年1回、標準報酬月額を決めなおします。これを定時決定といいます。
このため、毎年、社会保険に加入している事業所では被保険者それぞれの4月から6月の報酬月額を「被保険者報酬月額算定基礎届」で届け出、9月分からの1年間の標準報酬月額が決定されます。
この申請用紙は5月下旬以降、事業所宛に郵送されます。
6月以降被保険者となった人や、7月から9月までに「随時改定(月額変更届)」の対象となる方など、定時決定の対象外となる人もありますので、詳細はご相談ください。


(3)平成27年度雇用関係助成金のご案内【簡易版・詳細版】

厚生労働省は5月7日、今年度の雇用関係助成金の案内パンフレットが公開されています(厚生労働省ウェブサイトからダウンロードできます)。このうち簡易版では詳細な説明は省略されていますが、「検索表」が掲載されており、新年度の助成金のインデックスとして参考になります。詳細はご相談ください。


(4)雇用保険の給付金は2年間の時効期間内てあれば支給申請可能に

雇用保険給付のうち、育児休業給付金、高年齢雇用継続給付金、介護休業給付金などは、時効期間が2年間であるにもかかわらず、これまで「受給者保護と迅速な給付のため」、より短期間の申請期限を遵守することとされてきました。
今後は、申請期限中の支給申請を原則とするものの、申請期限が過ぎた後でも、時効が完成するまでの間(2年間)について申請が可能となりました。
以前、支給申請をしたにもかかわらず、申請期限を過ぎたことを理由に支給されなかった場合であっても、再度申請し、その申請日が時効完成前で支給要件を満たしていれば給付金が支給されるとのことです。詳細はご相談ください。
※今回、見直しの対象となった雇用保険給付は次のとおりです。
就業手当、再就職手当、就業促進定着手当、常用就職支度手当、移転費、広域求職活動費、一般教育訓練に係る教育訓練給付金、専門実践教育訓練に係る教育訓練給付金、教育訓練支援給付金、高年齢雇用継続基本給付金、高年齢再就職給付金、育児休業給付金、介護休業給付金


(5)パワーハラスメント対策導入マニュアル

厚生労働省は5月18日、「パワーハラスメント対策導入マニュアル」を公開しました。実際に6ケ月で基本的な枠組みを導入するためのモデルプランを実施した企業のフィードバックをもとに作成されており、「トップのメッセージ」「管理職向け、従業員向け研修用資料」など、資料も添付されています。詳細はご相談ください。

マイナンバー制度の導入を前に ~事業所に求められる対応 1~

今年10月からマイナンバーが住民票の住所宛に簡易書留で郵送され、来年1月から順次、マイナンバーの利用が始まります。
今回は従業員等からのマイナンバーの収集と管理を念頭において、最低限おさえておくべき情報を取りまとめました。詳細は引き続き事務所ニュースでご紹介します。

(1)マイナンバーの取得・本人確認

従業員等のマイナンバーを事業主が取得できるケースは、法定の税と社会保険の手続きに使用する場合のみに限られています。利用目的はあらかじめ特定し、通知または公表する必要があります。
マイナンバーを取得する際は「なりすまし」を防ぐため、厳格に本人確認するよう求められています
本人確認の際は、対面または証明書コピーの郵送等により、マイナンバーの確認と身元確認を行います。具体的には、通知カードまたは番号記載の住民票と、運転免許証またはパスポート等を照合します。

(2)マイナンバーの利用・提供

取得と同じく、法定の税・社会保険の手続きに使用する場合をのぞき、マイナンバーを利用、提供することはできません(社会保険労務士や税理士に関係業務を委託することはこれまでどおり可能です)。
社員番号や顧客管理番号としての利用は仮に本人の合意があっても禁止されています。個人番号カードの裏側のマイナンバーも、法定の目的以外でコピーをとったりメモを取ったりすることも禁じられています。

(3)マイナンバーの保管・廃棄

マイナンバーを含む個人情報は必要がある場合のみ保管が可能です。雇用契約などの継続的な関係のあるときや法令などで一定期間保管義務のある場合です。
必要がなくなったら、シュレッダーにかけるなど復元できない方法で廃棄しなければなりません。

(4)マイナンバーの安全管理措置

マイナンバー法では従来の個人情報よりも厳しい保護措置を求めています。漏洩等、故意で行った場合、罰則も適用されます。過失による漏洩についても、民事上の責任や企業としての信頼低下の恐れがあります
取扱担当者を決め、担当者以外が情報に接することを制限するなど、事業規模や内容に応じた安全管理措置を準備しましょう。
採用時のマイナンバー取得や社内通知、社内規程の用意など、詳細はご相談ください。(塩澤)

今年12月から始まる ストレスチェック制度について

労働者安全衛生法の改正により、今年12月から、常時使用する労働者へのストレスチェック面接指導の実施が事業者に義務付けられます。


(1)対象事業場や実施するチェックの内容など

 ストレスチェックとは事業場が常時使用する労働者に対して行う心理的な負担の程度を把握するための調査」です。当面、従業員数50名未満の事業場に対しては「実施するよう努めなければならない」とされ、義務化されていません。
 実施頻度は1年以内毎に1回で、法定の健康診断と同時に実施することも可能です。
 対象者は「期間の定めのない雇用契約」または「契約期間が1年以上あるいは1年以上の雇用が予定されているか1年以上引き続き使用されている」従業員で、かつ「週の所定労働時間数がフルタイムの同職種の従業員の4分の3以上」である従業員です。
 調査票には「仕事のストレス要因」「心身のストレス反応」「周囲のサポート」の3領域をすべて含めることとし、国では標準的な調査票を用意し、推奨しています(「職業性ストレス簡易調査表」)


(2)ストレスチェックの結果の取扱い

ストレスチェックは、医師・保健師等が実施し、結果は本人にのみ通知され、従業員本人の同意がなければ事業者に提供することは禁止されています。
ストレスチェック結果の通知を受けた従業員のうち、高ストレス者として面接指導が必要と評価された者から申出があったときは、医師による面接指導を行うことが事業者の義務となります。
事業者は、面接指導の結果に基づき、医師の意見を聴き、就業上必要な措置を取る義務があるとされています。


(3)集団分析の実施、不利益取扱いの禁止

職場の一定規模の集団(部、課など)毎のストレス状況を分析し、結果を踏まえて職場環境を改善するよう、努める義務があるとされています。事業者が集団ごとのストレスチェックの集計、分析結果の提供を受ける際は、従業員の合意は必要ありません。
また事業者は、面接指導の申出があったことやストレスチェックの結果のみを理由として当該従業員に不利益な取扱いをしてはならないとされています。
ストレスチェック制度の具体的な運用等、詳細はご相談ください。
(塩澤)

【事務所ニュースPDF】2015年6月号を配信しました。「マイナンバー制度の導入を前に~事業所に求められる対応1~」「今年12月1日から始まるストレスチェック制度について」

今般、事務所ニュース「人事労務トピックス2015年6月号」を配信しましたのでお知らせします。


PDFファイルを公開していますので、右上の事務所の配信ページリンクからご覧ください。

内容は下記のとおりです。


・マイナンバー制度の導入を前に ~ 事業所に求められる対応1 ~ 
今年10月からマイナンバーが住民票の住所宛に簡易書留で郵送され、来年1月から順次、マイナンバーの利用が始まります。
今回は従業員等からのマイナンバーの収集と管理を念頭において、最低限おさえておくべき情報を取りまとめました。詳細は引き続き事務所ニュースでご紹介します。

・今年12月1日から始まるストレスチェック制度について
労働者安全衛生法の改正により、今年12月から、常時使用する労働者へのストレスチェックと面接指導の実施が事業者に義務付けられます。制度の概要をご紹介します。

 ・法改正や手続きの情報 2015年6月
次のトピックスについてご紹介しています。
労働保険の年度更新について」「社会保険の算定基礎届(定時決定)について」「今年度の雇用関係助成金情報」「雇用保険給付が2年間の時効前であれば申請可能に」「厚労省初のパワハラ対策導入マニュアル
労務管理やお手続き等のご参考にお役立ていただければ何よりです。

最近の子連れ登山 4月~5月

引き続き社労士業務は繁忙期ですが、登山もハイシーズンに入りました。

週末が晴天の予報であれば、子供の行事がない限り、やはり出かけてしまいます。

登山も疲れますが、仕事と疲労の質が違うせいかほとんど気になりません。
屁理屈のようですが、仕事をするためにも不可欠な趣味になってきました。



米山


日本海に面した新潟県の1000m(ぎりぎりで足りない)峰、米山に登りました。

積雪がほとんどないことをヤマレコで確認し、大平口から登りました。

途中から雪が残っており、未就学児にはやや怖い場所もありましたが、きちんと見ていれば大丈夫な程度でした。

まだアイゼンのあうような足の大きさでなく、判断の難しいところです。

問題は現地の登山客の方が「ぶっと」と読んでおられたブユで、雪解け水のあるあたりから、登山客それぞれの頭にまるで蚊柱のようにぶんぶんとたかってきます。

我が家も最初はヒステリーを起こしましたが、じきにあきらめました。
さされることもあるそうなのですが、今回は無事でした。

山頂には雪はありません。
日本海、妙高山などよく見えました。

きれいな山小屋があり、中で昼ごはんを自炊しました。

高校の山岳部のパーティや、下見の先生方もおられました。



同じく県内の大平森林公園そばのハイキングコース(名前確認中)では家族がシュレーゲルアオガエルを発見しました。

瑞牆山

晴れた週末に出かけました。
瑞牆山は2,230m、今年初の2,000m峰登山です。

瑞牆山荘そばの無料駐車場には9時すぎに到着しました。
少し遅めの出発でしたが、駐車場には何とかとめることができました。

富士見平小屋下の水はとてもつめたく、美味です。

未就学児も何人か登っていました。
山頂直下の鎖場も、慎重にルートを選び、大人がフォローすれば問題ないと思います。

山頂は絶壁ですので、くれぐれもご注意を!

八ヶ岳、金峰山、南アルプス、富士山など360度の眺望です。




三頭山

4月には三頭山へ。
都内からも近く、子連れハイキングにお勧めです。
埼玉県側からは、奥多摩湖側からでなく、秋川渓谷の側から行かれることをお勧めします。

大岳山など展望もよいです。