大菩薩峠のハルゼミ(脱皮中)

先日、大菩薩峠から下山中、コシアブラの木で脱皮中のハルゼミを見つけました(私でなく、同行の家人が、ですが・・・)

折角ですので写真をご紹介します。虫が苦手な方は何卒ご容赦ください。

2013.5 午後2時頃 大菩薩峠から下山中 ロッヂ長兵衛付近

ただいま脱皮中・・・

キャリアアップ助成金(厚労省)

厚労省は今年度、有期雇用契約労働者等の社内でのキャリアアップ等の支援策としてキャリアアップ助成金を創設しました。
具体的には
正規雇用等転換(中小企業で一人あたり20~40万円)」「短時間正社員転換(同じく一人あたり20万円)」「パートの労働時間延長(同一人あたり10万円)」「健康診断の実施(1事業所あたり40万円)」
などのメニューが用意されています。
活用するには、所定のガイドラインに沿って、キャリアアップ管理者の配置、キャリアアップ計画の作成が必要です。
また、労働条件の設定や規則の変更など、事業所の経営上の自由が制約される局面も生じます
以前、パートタイマーの正社員登用など、同様の趣旨の助成金を受給済みの場合も、受給対象となりうるか確認されることをおすすめします。

雇用関係の助成金は、今年度に統廃合など、見直しがありました。12ページの簡略版パンフをインターネットからダウンロードできます。
平成25年度雇用関係助成金のご案内(簡略版)」厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/general/seido/josei/kyufukin/dl/minaosi_rifu.pdf

受動喫煙防止対策助成金(厚労省)

厚労省は5月16日、平成23年10月創設の「受動喫煙防止対策助成金」制度を下記のとおり改正しました。
労災保険加入の全業種の中小企業を対象
補助率を費用の1/4から1/2に引き上げ
交付対象を喫煙室の設置費用に限定
助成金の上限は200万円で、着工前に所轄都道府県労働局長に申請書を提出し、あらかじめ交付決定を受けておく必要があります 。
従来は飲食店、旅館等、対象業種が限られていました。
「受動喫煙防止対策助成金を拡充」厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000031xcl.html

雇用促進税制の拡充(厚労省)

雇用保険被保険者の増加に応じて税額を控除する「雇用促進税制」が拡充され、平成25年4月1日以降に事業年度が始まる法人について、雇用者の増加一人当たりの税額控除額が20万円から40万円となりました
雇用者については、「事業年度開始前に『雇用促進計画』を所轄ハローワークに提出する」「事業年度中に雇用保険被保険者数を5人(中小企業は2人)以上、かつ10%以上増加させる」など、一定の要件があります。
税理士等、専門家の方にご相談の上、検討なさってみてはいかがでしょうか。

産前・産後休業中の健康保険・厚生年金保険料を免除~平成26年4月から~(厚労省)

5月10日の政令により、来年平成26年4月1日から、産休期間 の健康保険料、厚生年金保険料が免除されることとなりました。
現在は産休終了後、育児休業取得者について申請があった場合、同様に免除されています。
※ 産前6週間、多胎妊娠のときは産前14週間と産後8週間のうち労務に従事しなかった期間のこと

【事務所ニュース】人事労務トピックス2013.6号配信しました。

今般、事務所ニュース「人事労務トピックス2013年6月号」を配信しましたのでお知らせします。
右上のリンク先の当事務所サイトからPDFファイルを配布しています。
内容は下記のとおりです。
・来年26年4月から産休中の健保料・厚年料免除へ(厚労省)
・雇用促進税制の拡充(厚労省)
・受動喫煙防止対策助成金(厚労省)
・キャリアアップ助成金(厚労省)
ご参考になることがあれば幸いです。